多様化する葬式

個人の価値観の多様化を反映

お弔いのスタイルは故人やその家族の死生観や倫理観などがそのまま反映されるものです。価値観が多様化する現代においては、葬送の方法も当然ながら多様化する傾向にあります。そんな現代にあって徐々に普及しつつあるのが、散骨という方法です。散骨とは火葬にした後の遺骨を細かくして、海や野山に撒くことをいいます。遺骨の一部のみを散骨して残りは従来どおりお墓に納めるという場合と、納骨を行わずすべての遺骨を撒く場合との2通りのやり方があります。散骨が普及し始めたのがいつ頃からであるのかについてははっきりしませんが、1990年代に国から見解が出されていることを考えればその時期には希望者がかなりの数にのぼっていたものと考えられます。ちなみにその見解においては、適切な方法によって行われる限りは法的な問題はないとしています。

現在の主流は海洋散骨

現在、一般に行われている散骨には、墓地として区画整理された陸地に撒く方法と船で沖に出て海中に投じる方法との2種類があります。しかし陸地に撒く方法は近隣住民との軋轢などを懸念して規制条例を設ける自治体もあり、普及はあまり進んでいません。一方、海洋散骨の方は自然葬の一環として取り扱う事業者が全国に存在します。海洋散骨の方法はおおむね3種類に分かれます。1つは親族が専用船をチャーターして行う方法、もう1つは事業者が用意した船で数家族が乗り合って行う方法、そして最後の1つは事業者に遺骨を託し、代行してもらう方法です。一方、陸上散骨の場合はお寺の墓所の一角や人里離れた山間に設けられた専用の散骨所で行うのが一般的です。散骨が今後一層普及するかどうかについては個人の価値観によるので何とも言えませんが、核家族化の進行に伴ってお墓を守ってくれる人がいないという実際的な理由で選択する人が増加する可能性はあります。